女性との話し方

好かれるための9つのコツ!女性の気持ちを心得たトーク術

容姿でいえばもてるはずなのに、実際はあまり女性に好かれてない。逆にそこまで魅力的な容姿ではないのに、女性との縁が途切れない…そんな男性いませんか?こんなことが起こる訳を考えてみると、実際にもてる男性というのは、女性の心を理解したトークができる…という結論に達します。男性が思うトークと女性が求めるトークは別物なのです。

 

男性と女性それぞれにとってのトークを理解し、女性が言葉に含ませる女心を読み取る。それができれば女性が求めるトークのコツを掴めるようになります。もしも今振り向いて欲しい女性の存在があるなら、これからご紹介する9つのトーク術を駆使して、ぜひ彼女の心を掴んでみてください。

 

ただただ聞いてみる

女性は自分のトークを受け止めて欲しい気持ちが強いです。余計な指摘や話の腰を折るようなことはせず、ただ耳を傾けてみましょう。この記事を見ている人には、おしゃべり自体が苦手な人も多いのではないでしょうか?

 

トークが苦手でも、じっくりと女性の話を聞きながら相槌を打つことは難しくないはずです。好きな女性とのトークで相手の心を掴みたいなら、ただその彼女の言葉を受け止めることが第一に必要なのです。聞き流すのではなく真摯に自分のトークを聞いてくれる…そんな男性に女性が好意を抱くことは間違いありません。

 

同調してください。あなたの意見は無用です

女性が明確な意見を欲しがっていなければ、あなたは首を縦に振っていればOKです。女性の考えを否定したり、自分との考えの違いを指摘したり…あなたの意見を伝えるのは思いとどまってください。女性はあなたとディスカッションがしたいのではなく、トークを聞いて同調して欲しいだけなのです。

 

女性が意見を必要としているなら、真摯に答えを返すべきです。しかし意見を求められていない状況なら、要りもしない意見をぶつけてきた人物に、女性は不快感を覚えるでしょう。

 

.女性と同様の経験談は語らなくてよし

トークのテーマになった物事に対し、あなたにも思い出や実績があったとします。しかしそれは話さなくていいことです。連絡や報告などはまた別ですが、女性がエピソードトークをするときは大抵、そのエピソードを伝えることが目的なのです。

 

引き出しがあれば自分語りもしたくなりますが、女性はエピソードを披露したいだけ。余計なトークを挟まれると、いらっとくる可能性もあります

 

同調し続けるだけでもダメ

女性はトークを聞いてもらいたがる…と言っても、いつまでもただ同調だけしているのではいけません。要所要所で上手く合いの手を入れてあげないと、女性はあなたに「自分のトークを受け流して適当にやり過ごしている」なんて嫌な感情を抱きます。かなり微妙なラインではありますが、DやEも読んで頂いて、同調と合いの手のバランスを学んでみてください。

 

同調の意思を声にしてトーク

話に耳を傾けるのが最重要事項なのに、耳を傾けて頷いていてはNG。これではなにが正解なのか迷ってしまうのも無理はありません。ここで重要になってくるのが、同調して頷くしぐさを、声に変えるということです。

 

何度かに一度でいいです。同調しているということを、声にして伝えるのです。「確かに!」「すごいことだね」「難しいね…」「それは悲しかったね」など…難しい言い回しは必要ありません。女性のトークは同調第一ということを忘れないでください。

 

女性がトークを展開しやすいように誘導してあげる

女性への同調が身についたら。今度は女性がトークしやすいように、あなたの言葉で誘導してあげてください。「その後はどうなったの?」「何が見えたの?」といった具合で、何が話したいのかを理解して、先をうながしてあげれば女性もトークをしやすくなるでしょう。あなたがそのトークに心惹かれているかどうかは別に関係ありません。

 

女性はとにかく自分のトークを受け入れて欲しいもの。しかし、あなたと女性の親密さでも変わってきますが、まだ距離感が遠いと感じている女性に関しては、私生活やプライバシーに踏み込むような言葉を選んではいけません。心に土足でどかどかと踏み込んできた…そう認識されれば、嫌悪感を示されることになるでしょう。

 

言葉に隠された気持ちを探る

男性のトークは直球勝負です。ストレートにバシバシ投げ合います。しかし女性のトークには、いわゆる行間を読むような含みがあります。もしも女性が「私も××さんくらい頑張らなくちゃ」と言えば、返すべき言葉は「君は十分がんばっているじゃないか」になるのです。

 

しかし女性も常に、含みを持たせよう…と考えているわけではありません。これは女性がトークの中で自然に行う行為なのです。トークに隠された気持ちを読み取れるか読み取れないか。この差が女性に好かれる男性と好かれない男性を隔てる鍵になるのです。

 

気持ちを伝えて、事実の味気なさを消す

「この間デパートで××君とばったりあったとき、私とても嬉しかったの。嫌なことがあったんだけど、なんだか気持ちが軽くなって」…距離を縮められそうな女性に、こんなトークを振られたらどうするべきでしょうか。「偶然買物に行ったんだよね」とだけ答えるより「買物に行ってみて正解だったな。□□さんの気持ちが少しでも晴れたんなら、僕もよかったよ」と答えた方がいいと思いませんか?

 

男性はあまり本音を口にしないので、女性がせっかく心内を知ろうとしてくれていても、それにあったトークで対応できなかったりするのです。「僕もよかった」という本音を伝えることで、「偶然買物に行った」という味気ない事実を彩りましょう。心を伝えてくれるのを女性も待っているはずです。

 

時には情熱的なトークを

常に自分中心のトークを繰り広げている男性は嫌厭されます。しかしいつもは静かに女性のトークを聞いてくれている男性が、ときに熱心に趣味や知識を語る。その姿は女性から好意的に見てもらえるでしょう。男性が夢中になって楽しそうに話をする姿は、本来女性に好まれるのです。

 

参考になる項目はありましたか?

 

同調する、頷く、合いの手…なんだか手間だなと感じた方も多いのではないでしょうか。しかし根本部分にあるのは「女性に好きなトークをしてもらう」「耳を傾けてあげる」この2つのみ。もうトークを聞くだけで辟易する…なんて人も試練の時だと思って乗り越えてください。トークを磨けば、意中の彼女が好感度を上げてくれるのも遠くないはずです。

 

9つのコツ一覧

  1. だただ聞いてみる
  2. 同調してください。あなたの意見は無用です
  3. 女性と同様の経験談は語らなくてよし
  4. 同調し続けるだけでもダメ
  5. 同調の意思を声にしてトーク
  6. 女性がトークを展開しやすいように誘導してあげる
  7. 言葉に隠された気持ちを探る
  8. 気持ちを伝えて、事実の味気なさを消す
  9. 時には情熱的なトークを