会話上手

会話のうまさは大きなモテ要素!モテ男への道6選!

女性にモテる男性の多くは「会話が上手」という事実があります。
ただお笑い的な要素での面白い、とはまた違い、女性を楽しませる・もっと話したい聞きたいと感じさせるトーク力が彼らには備わっているのです。

 

別に特別、物知りである必要はありません。
いわゆる軽い男性のように女性を褒めて、持ち上げているわけでもありません。

 

しかし女性陣からはひっぱりダコなわけです。
そんなモテ男らのトークスキル、厳選6つをお伝えしましょう。

 

女性を受け入れる柔らかい雰囲気

例え芸能人並みのトーク力があっても、雰囲気が怖ければ女性は近寄ってきてくれません。

 

心の距離が詰められないと、女性は会話をしづらく感じます。
自分も女性も心に距離を感じていては、恋に繋がりません。

 

最初の一歩を踏み出すために、軽い質問をしてみてください。じっくり考えるようなものではなく「はい」「いいえ」で答えられるような質問です。

 

これなら女性も言葉を発しやすいですし、自然とトークしやすい雰囲気が生まれます。

 

目を見て話す

モテるためのトークスキル!6つの要素!

 

女性の目をちゃんと見ること。これだけで「話を聞いている」「興味を持っている」と女性に伝えることが出来ます。

 

ただ、じっと見つめすぎると怖がられたりもするので、顔のどこかしらに目線を向ける程度にしておいてもいいでしょう。

 

理想的なのは目を見つつ、笑顔を絶やさないことです。

 

ちょうどいい間の相槌

相槌が相手に与える「話しっかり聞いてます」感はすさまじいです。
目を合わせていても、相槌がないと「上の空?」「話聞いてないの?」と思わせてしまったりするくらいです。

 

もし上手い間で相槌を打ってあげれば「ちゃんと聞いてくれてる」「この人との会話は楽しい」と感じてもらえるでしょう。

 

好意のある女性に「あなたのことを知りたいと思っている」と、言葉にしなくても伝わるように、心を込めて相槌を打ってください。

 

共感を示す

共感を表すことは、相槌に並ぶほどのモテ男要素です。

 

「△△と■■なら、どっちがいいと思う?」
「■■かな」
「ええ!△△じゃないの?」

 

よく例に挙げられている、男性が苦しむ女性との会話です。
男性には納得しづらいと思いますが、これは共感を重視する女性特有のものいいです。

 

実際、始めから答えは△△に決まっているのです。
しかし共感を求めて、上記の会話が生まれることになります。

 

答えを外したことは大したダメージではありませんが、そこで女性に「答え決まってたんでしょ?」などと詰め寄るのは完全なアウト。何故ならそれが共感とは真逆の行為だからです。

 

上手く共感できれば「気持ちを分かってくれて嬉しい」と、女性も喜んでくれるでしょう。

 

しっかり話を聞いてあげる

モテ男の最大にして必須の要素がこの「聞き上手」です。
女性は基本的にトークを好みますから、聞き上手な男性に好意を持つことが多いです。

 

上記の「目を合わせる」や「相槌」のパートは、聞き上手のテクニックの内です。
ただ注意してほしいのは、あくまで聞き上手でいるべきという点。
求められない限りは、アドバイスや反論は必要ありません。

 

良かれと思ってのアドバイスでも、相手が求めていない以上は余計なお世話です。
アドバイスはどうしても上から目線にとられがちですし、説教臭いとも思われるかもしれません。

 

反論や否定も、上記の「共感」から大きく外れます。
とにかく相手がアドバイスやディベートでも求めない限りは、余計な口出しはやめておきましょう。

 

弱さを受け入れる

モテるためのトークスキル!6つの要素!

 

完璧に強い人間はいません。人は弱さを隠して生きています。
弱さを知られた人は、相手にどこか優位に立たれていると思ったり、引け目を感じてしまいがちになります。

 

しかし信頼していたり、腹を割って付き合っている相手には、時おり弱さを見せて受け入れて欲しいと願うものです。だから恋人には、弱音や本音を話しやすいのでしょう。

 

もし今現在が恋人関係ではないのだとしても、弱い部分を吐露してくれる女性がいれば、きっとそれはあなたが築いた信頼の証です。

 

この先、恋が芽生えることも考えられると思います。