アラフォー 独身

あなたは当てはまる?休日の残念な過ごし方@アラフォー独身

アラフォー、というと、どんなイメージが湧くでしょうか。
一般的にはテキパキと仕事をこなし、それなりの役職についていると思うでしょう。

 

そんなアラフォーさんの中で「独身」の方の休日に注目してみます。
すると「ああ…だから結婚できないんだ…」と納得してしまう実態がありました。

 

前向きに結婚を目指して出会いを探す、もしくは独身貴族を謳歌している…とはいきません。むしろそういった方は少数派のようです。

 

当人にとっては「有意義な休日」でも、はたから見れば「無意味な休日」という場合は多いです。もしかしてあなたも、当てはまっているのでは?

 

【独身男性要注意】アラフォー男性の残念な休日の過ごし方!

 

ぐーたらが基本

ちょっとだけパチンコを打ちに行って…後は外出らしい外出はないかな。
と話してくれたのは、40代前半の男性です。

 

かなりの割合を占めているのが、休日は家でぐーたら、という意見。
家の中のことするでもなく、寝だめをしたり、テレビをつけっぱなしにしたりとグダグダな様子です。

 

仕事で遅くなったりする分、休日に思いっきり睡眠をとっているそう。
いくら寝ても疲れが抜けないなら、仕事のルーチンや睡眠の質を見直した方がいいと思いますが…

 

必ずしもぐーたらが悪いとは言いませんが、あまりにグダグダしすぎていると、それが精神的な疾患を引き起こす可能性もあります。

 

適度な外出や趣味などで、心をリラックスさせて、休日にストレス発散することも大切ですね。

 

休日前は深酒

明日は休日、仕事はない!と思うと、ついつい深酒して飲みすぎます。
と笑うのは30代後半のとある男性。

 

残念な休日の始まりは、ずばり「予定がない」ことです。
予定がないから、いくらでもお酒を飲むし、飲んでも大丈夫と思ってしまうわけです。

 

最悪なのは、自分の予定がないからと、同席者の予定が頭から抜け落ちているパターン。
帰りたい人を帰さず「お前も休みだろ」と飲ませ続けるか、中座を許さない。

 

どう考えても嫌われます。
その態度や、寝て過ごす休日が透けて見えるアラフォーさんを前に、好印象を抱く人が現れるわけがありません。

 

酒量や飲みの席の時間は過度にならないように気を付け、周囲に目を配る。
アラフォーでこれが出来なくては、独身でも仕方ないと冷めた目で見られますよ。

 

ブルーマンデー症候群発症

週末が明けると、また仕事なんだな…と気分が沈みます。
少々暗い顔なのは、40代前半の男性でした。

 

ブルーマンデー症候群は、休日が明けて仕事を再開することへの憂鬱を指します。日曜の日暮れどきに放送する「サザエさん」をみて憂鬱な気分に駆られる人が多いようで、「サザエさん症候群」ともいわれています。

 

ある統計によると、働く男女の4割以上がサザエさん症候群に当てはまるそうです。
もう少し細かく見てみると、こんな結果が出ました。

 

●30代…51.4%
●40代…38%

 

アラフォー世代の多くの人が、仕事を鬱に感じているということですね。
サザエさん症候群を解消するには、個人個人での対策が必要です。

 

ある人は完全に仕事を忘れ、休日モードに入る。
もしくは仕事のことをしっかりと考え、週明けの不安要素を無くしておくなど。
方法は自分で見つけるしかありませんが、休日を楽しむための努力が見て取れますね。

 

大多数を占めた方法としては、早めに就寝するというものがありました。
休日は長い方が嬉しいですが、サザエさん症候群のままでは、ずっと鬱のまま長い時間を過ごすことになります。

 

寝れば何も感じないや、ということですね。
日曜の休日が鬱なら、もう日曜日に体感できる時間を減らしてやれという強硬手段ともいえます。

 

 

 

休日は、社会人にとっていわば自由時間。
好き勝手にしてもいいだろというのは、最もな意見です。
しかし精力的に活動する、意義ある休日も素敵なものです。

 

大抵のことはネットを通じ、家の中から済ませられる時代にはなりました。
だからこそ今、自分の足で外に出て、家の中からでは発見できなかったものや気付けなかったものを、探してみてはいかがでしょうか。

 

例えば趣味に丸一日を注ぎ込むのもいいでしょう。
映画鑑賞や運動といった、眠らせてしまっている趣味はありませんか?

 

休日は〜〜をしていたよ。
当たり前のように充実した休日を話せるアラフォーさんなら、きっと人の目にも、魅力的に映るはずです。