女性との会話ネタ

沈黙しないための5つの会話ネタ

女性と会話する際、天気や人気TV番組など誰にでも共通の会話をすることもアリですが、気になる女性には心をグっと掴むような会話がベストです。

 

心をグっと掴むには、ある程度プライベートの話題がおすすめ!

 

ではここで、女性がプライベートの話題をしやすい会話ネタをご紹介しましょう。

 

女性との会話で沈黙しないための覚えやすい5つのネタ!

 

会話のネタは相手を深く知るためのきっかけ

会話のネタは多ければ多いほど、楽しい人だと思われるでしょう。無口な人よりも話し上手な人の方が警戒心を解きやすいもの。

 

警戒心を解いて心を開いてくれたら、次へのステップが可能となります。少しプライベートな話しもしてみましょう。

 

気になるからと言って会っていきなり相手のプライベートな事を聞く事は、え?なにこの人!と思われてしまいます。楽しい会話があってこそ、深い話しもできるのです。会話に詰まったり、話しベタだったりすると、気になる人の恋愛対象にすらなりませんよ。

 

地元トークが最適

地域によって生活習慣や学校生活などが異なりますよね。それをキーとした地元トークがおすすめです。特につまらない話題でもありませんし、お互いの地元について話してみれば盛り上がること間違いなしです。彼女の生まれ育った過程が垣間見えるよいきっかけになります。

 

会話は、彼女にばっかり質問するのではなく、自分の事をまず始めに話しましょう。いきなり出身地を質問したり、どこの高校?なんて話題は相手が不愉快になることもありますので注意しましょう。

 

質問するには、前置きするのがポイントです。

 

例えば、「色白だね。秋田県出身?」、「お洒落だよね。都会育ち?」なんて聞き方がよいでしょう。

 

あくまでもネタのきっかけなので、出身地が当たってなくても構いません。秋田県って言えばさぁ〜、とか、僕の友達にも都会出身の人が居てさ〜など、地元トークをさらに広げられればベストです。

 

不快感や嫌みなく、彼女の地元を知るトークができます。

 

休みの日は何してる?はポピュラーな話題

休みの日は何してる?という質問は、男女が集う場で最もポピュラーな話題。地元トークはちょっと難しいと思っているならこのネタが入りやすい会話と言えます。

 

しかし、一般的過ぎる質問だからこそ、プライベートな質問に進むには時間がかかるかもしれません。

 

まずは休日の過ごし方でトークをし、さらにそこからもっと深い話しができるよう会話を進めていくことがポイントです。

 

例えば休日の過ごし方にちなんだ趣味の話題や、料理の話し、好みのタイプなんかも女性から引き出せればより親密になれるかもしれません。

 

より広い話題、突っ込んだ話題ができるよう、慎重に会話を進めていきましょう。

 

料理ネタ

こちらが一方的にする話しではなく、相手に得意ジャンルを話してもらうという手もあります。

 

それが料理ネタです。料理が得意な女性に、料理の方法や食材にちなんだネタを振れば、自然と彼女から積極的に話をしてくれるはず。

 

ここは素直に、「僕全然料理ができないんだけど、簡単に作れる料理って何かなあ?」と聞いてみてください。

 

料理は実践あってのものですので、もし心を開いてくれたら、一緒に料理を作るという機会に恵まれるかもしれません。その場合は彼女の家にお邪魔するか、自分の自宅に彼女を招くか、のどちらかになるので、急接近できる可能性大。

 

ただし、これは料理が好きな女性にしかできない話題です。料理をしない、するけどあまり好きではない、という女性にはこのネタはNGです。

 

そんな女性に料理の話題を振っても、盛り上がることはありません。むしろ敬遠されてしまうかもしれません。

 

料理ネタでいけるのか、違う話題にするべきなのか、相手の反応を見て瞬時に判断する力が必要です。

 

好きな異性のタイプを聞く

好きな異性のタイプを聞くことは、どんな女性でも決して失礼にはなりません。

 

しかし、唐突に聞いてしまうと相手は「突然なに!?」と引いてしまいます。なのでこの質問をしてもOKな会話の流れを作っておくことが大切。

 

元彼の話しが出れば、この質問をしてもおかしくはありません。

 

そうじゃなければ、まず好きな芸能人は誰かを聞き、そこから話を広げて好きな異性のタイプまで掘り下げて聞いてみましょう。

 

気になる彼女は、いったいどんなタイプの男性が好きなのか気になりますよね。この質問は彼女の本音が聞ける絶好のチャンスです。

 

趣味の話し

趣味の話しは一般的ではありますが、盛り上がるネタになることは間違いありません。それが熱中している趣味ならなおさら。

 

自分が熱中している趣味なら、他のシーンでも同じ質問を何度もされていることが予想されます。例えば、旅行が趣味な女性には、「どこがおすすめ?」なんて質問です。

 

もしかして旅行が趣味でも、有名神社を回る旅が好きなのかもしれません。もしくは、旅行でご当地名産を食べるのが好きなのかもしれません。はたまた、旅先での空の写真を撮るのが好きなのかもしれません。

 

なのに、「どこがおすすめ?」なんて質問は的が外れていますよね。相手の女性は、取りあえず聞いているだけのような気がする、、、とか、本当に聞く気があるの??なんて思ってしまいます。

 

旅先は何を基準に選ぶの?

上記の例では、女性が旅行が趣味だと言ったなら、「旅先は何を基準に選ぶの?」と質問してみましょう。

 

どこが一番良かったか、どこがおすすめか、なんて質問は過去に山ほどされているはずです。そんな時にこの質問をしたら、女性はきっと喜んで話してくれます。つまり、心を開いてくれるきっかけとなるのです。

 

趣味の話しは盛り上がるネタではありますが、夢中になっているからこそ質問ひとつでがっかりさせてしまうかもしれないのです。

 

できれば、彼女の趣味を聞いたら自分もその趣味をもっと理解したい!という気持ちを表すことが大切です。深く突っ込んだ質問をすることで、その趣味や趣味に関することに興味があるんだと思わせることができます。

 

ありきたりな質問では女性の心が離れて行ってしまう可能性もあります。女性が心を許して話をしてくれるよう慎重に、楽しく、気持ちよく会話を続けましょう。

 

大きなリアクションを取ったり、相づちを打ったり、女性の話しに共感している感を全面に出すことが大切。

 

そうすれば女性は徐々に心を許し、より親密になれると言えます。